オスカーの家ブログ

住宅・住まい・暮らし方、家にまつわることを、住宅のプロが執筆するブログ

その香り、周りに迷惑かも・・気をつけたい「香害」とは

香害(こうがい)とは

香害という言葉を聞いたことはありますか?香りの害とかいて香害。香りが害になるの?と思うかもしれませんが、実際にそういうことがあるのでこのような言葉がうまれたのでしょう。それではこの香害とは一体何なのでしょうか?

人とすれ違った時、頭が痛くなるような・・・気持ち悪くなるような・・・もう今にも気分が悪くなる・・・とにかく香りが強すぎる。話していても会話が頭に入らず集中できない。

そんな経験はありませんか?

lavender-oil-1521779_640

香害の原因

香害とは柔軟剤や香水、整髪剤等の香りが強すぎて周りに不快な思いをさせている、香りのせいで健康被害になってしまうことです。自分で気づいていない人が多いのも特徴といえるでしょう。

日常で香りを付けているものと言えば柔軟剤、香水、整髪剤などでしょうか。近年の柔軟剤も様々なものが発売され、香りが重要視されるものが増えてきたように感じます。

そもそも柔軟剤の役割とは!?

1.衣類の繊維を柔らかくする。

柔軟剤を使うことによって衣類が柔らかくなり、肌触りもよくなるのでお子様の衣類やタオルなどには嬉しい効果ですよね。

2.防臭効果

嫌なにおい(タバコや食べ物のにおいなど)が衣類に付着するのを防ぎます。例えば、焼肉屋さんなどに入るとどうしても洋服ににおいがついてしまいますが、それを防ぐ効果もあります。

洗濯の際に柔軟剤をたくさん入れれば洗濯物が柔らかくなるという考えの方もいるようですが、それは間違いであり使用量を規定通り守らないと効果も感じられません。

また、使っているうちに鼻も麻痺してくるので香りが薄くなりたくさん入れてしまう方もいるようです。最近はTVCMでも画面の下の方に「香りの強さの感じ方や好みは個人によって異なります。使用量を守り、周囲の方に配慮しながらご使用ください」というような注意書きが出ています。

臭いに気をつけたい場所

特に注意したいのが集団で集まる場所です。

1.レストラン

食事をするのに強い香りで入店したら周りに迷惑なのはもちろん、料理も不味く感じてしまいます。
せっかく食事をする場なのに「今すぐ出たい・・・」なんて思いたくないですよね。

2. 病院

特に妊婦さんはつわりの時期だと匂いにとても敏感です。体調が悪い中、待合室で待っている間にも気分が悪くなるのはとても辛いです。

3.学校や職場

オフィスで充満する強い香り・・・もう人が特定されるぐらいになると「○○さんの香り」と認識されてしまいます。ちなみに私も香りの強いものが苦手で、いつまでも部屋に香りが残ってしまい窓を全て開けて換気してもなかなか香りが消えず、体調不良になった経験もあります。

さらに子供いる家庭では学校で給食の配膳時に使う給食着も柔軟剤の匂いが強すぎず、次の人が洗っても落ちないほどの匂いがあるとか。クラスの皆で使うものが洗っても落ちない香りとは相当ですよね?想像しただけでも頭が痛くなりそうです。

就職活動真っ只中という学生の皆さんも人と接する機会が多いと思います。面接のときは特に身だしなみにも相当気を付けていると思います。ですが、それが裏目に出てしまっては逆効果になってしまいます。

香害対策としてできること

柔軟剤や洗剤は使用量をきちんと守って使用しましょう。上記にも書いた通り、量を守らないと効果もなくなってしまいます。香水や整髪剤も同じですね。

自分が気づいていないだけで、周りの人に不快な気分にさせている場合もあります。感じ方にも個人差はありますが周囲に迷惑をかけるほどの香りは本来の目的とは違ってきますよね。この記事を読んだ方は今一度見直す良い機会かと思います。

カテゴリ: 生活・暮らしの知恵

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J