オスカーの家ブログ

住宅・住まい・暮らし方、家にまつわることを、住宅のプロが執筆するブログ

人口10万人あたりの社長輩出数、多い県はどこ?

47都道府県で社長を一番多く輩出しているのは、やはり東京都。人口の多さからして当然ですね。では、人口10万人あたりと、条件を揃えて算出するとどのような結果になるのでしょうか?

shacho

データでみる、人口10万人あたりの社長輩出数

国内最大級の企業情報データベースを保有する、株式会社帝国データバンク。こちらでは、毎年「人口10万人あたりの社長輩出数」を発表しています。2015年の全国1位は福井県の1453人で、何と1982年から34年連続トップの地位を保っています。

では、上位5都道府県を見てみましょう。

社長輩出県トップ5

1位 福井県(1,453人)
2位 山梨県(1,278人)
3位 富山県(1,168人)
4位 島根県(1,132人)
4位 新潟県(1,132人)
※全国平均 (743人)

なんと北陸4県の内、3県がランクインしています。ちなみに石川県は、12位の1,044人です。石川県も平均を十分上回っているので、北陸地方が社長を多く輩出しているか分かります。

下位5県も見てみましょう。

43位 滋賀県(584人)
44位 奈良県(527人)
45位 千葉県(421人)
46位 神奈川県(400人)
47位 埼玉県(390人)

出身地別1位の東京都は、38位682人でした。30位前半から、平均を下回っています。

ちなみに出身地別の社長数は、1位東京都91,267人、2位北海道55,758人、3位大阪府53,370人。ここでは福井県は33位の11,480人でした。

社長輩出数、多い少ない理由は?

1位の福井県は、2位の山梨県に200人近くの差をつけています。この理由として、帝国データバンクが挙げているのは、国内生産の9割以上を担う眼鏡フレーム関連業者や繊維関連業者など、独立資本の企業数が多いためとみています。

対して、埼玉県。最下位になった理由として、隣接する大都市部に通勤するサラリーマン家庭が多いことが挙げられています。それに次ぐ、神奈川県と千葉県も、同じ理由であると考えられます。神奈川県の出身地別社長数は、5位の36,405人と、むしろ多いのですが。

さて、北陸地方は人口10万人あたりの社長輩出数が非常に多いことが分かりました。次回は、県別の社長紹介をしたいと思います。

帝国データバンク2015年調査
(「人口推計」、総務局統計局、2014年10月1日現在をもとに人数を算出)

福井新聞デジタル版 2016年2月10日
「社長輩出数、福井県が盤石の1位 34年連続、帝国データバンク調べ」

カテゴリ: 地域情報

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J