オスカーの家ブログ

住宅・住まい・暮らし方、家にまつわることを、住宅のプロが執筆するブログ

家作りを考えたときにまずやるべきこと3つ

家作りを考え始めると色んな迷いが出てきます。 それは不動産巡りをしたり、家を買ったあとにも出てきます。こうしたことにならないように、家を購入・建てることを検討しはじめたら、まず以下の3つのポイントをよく考えてみましょう。購入・建築が始まったあとに迷ったり、後悔したりすることが少なくなると思いますよ。

家作りを考えたときにまずやるべきこと3つ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1. 何のために家を買う・建てるのかをもう一度よく考えてみよう

家を買う目的をもう一度振り返ってみてください。本来「家を買う」ことが目的ではないはずです。家族が増えて、思い描く生活が変わったから、自分の家を持つことが家族の方針に合うから、理想の家を実現したいから、家の中に自分だけの居場所が欲しいからなどなど色々あると思います。 この目的をしっかりと家作り・購入の際に意識しておくと、お金や設備など家作りの過程で決めなくてはいけないあらゆる決断ポイントで判断の軸になってくれるはずです。

2. 予算を明確にしよう

家作りを始めると最先端な設備、ファッショナブルなインテリア、お買い得なキャンペーンなど魅力的なものが目に入ってきます。見ればみるほど魅惑されることもあります。これは家だけでなく、日頃の生活をする中でも沢山ありますよね。レストラン、洋服、アクセサリー、家電などなど。 ですが、これもやはり1点目で書いた「原点に戻る」ということが大事です。特に家は一生の買い物と言われているように、「失敗したくない」という想いで望まれる方が多いです。その想いが強ければ強いほど、「原点」を忘れて、予算を大幅に超えてしまったり、家さがしを始めた時とかけ離れた家のプランになっていた、ということがあります。 家を建てるときの予算についてはまた後ほど書かせて頂きますが、家にかけたいお金をまず決めておきましょう。○千万円〜○○千万円など上限を決める形でも良いですね。

3. 家を建てる・購入する時期を考えよう

納期がある仕事とは違って、家作りはかけたい時間だけ時間をかけられます。ですが、色んな物件を見て回っているうちに、なかなか決まらなくなってしまったということはよくあります。 家作りを最初に考えたとき、いつ頃までには建てたいなあという思いはありませんでしたか?もしあれば、それを書き出しておきましょう。家は確かに一生の買い物ですので、納得がいくまで続けるという方法もありますが、期限が定められているとき、決断を求められるときなどにきっと役立つときがあると思います。 それでも迷ってしまう時には、購入する時期を決めたのは、どういう理由があったからなのかを考えてみましょう。守らなければいけない期限なのか、なんとなく決めてしまったものなのか、延長するのであれば、1番の項目「何のために家を買う・建てるのかをもう一度よく考えてみよう」をもう一度考えなおして、先につなげてみましょう。

カテゴリ: 新築

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J