オスカーの家ブログ

住宅・住まい・暮らし方、家にまつわることを、住宅のプロが執筆するブログ

建築家(設計事務所)に依頼する場合のメリットと注意点

建築家(設計事務所)とは

建築家(設計事務所)とは、建築士の資格を持つ意匠(デザイン)建築家で、建物の設計および工事を監理する人のことです。建築家の個人設計事務所、もしくは建築家が共同で経営する設計事務所があります。

マイホームを依頼する際には、建築家が所属している設計事務所に設計やデザイン、プランニングを頼み、その後、実際の工事(施工)を工務店が行う形となります。一般的に、複数の工務店にて相見積もりの上、クオリティや価格などを比較検討して施主が選びます。

architect-569361_640

建築家(設計事務所)に依頼する場合のメリットと注意点

メリット

1. 自由度の高さでひとつだけの家づくり

建築家は選んだ土地にフィットするような家に仕上げてもらえるところが大きな魅力です。
ハウスメーカーや工務店と比べ、予算や好みに応じて高い柔軟性で設計してもらうことが可能。

自由設計で制約がなく、さまざまな工法、設備、仕様を選ぶことができます。そのため、外観、内装、設備、間取り、エクステリアにこだわりを持つ人はもちろん、「見晴らしの良さを存分に活かせる間取り」や、「通りから見えにくいけれど通気性や採光面は十分」など、いろいろなリクエストや土地の条件、大きさに応じてフレキシブルに対応。狭い土地でもアイデアを駆使してもらうことができます。

2. デザイン力重視でこだわり住宅

住み心地や暮らしやすさ、見た目など、近年では住宅へのニーズも多様化しています。

建築家は、その高いデザイニング力や融通性で、住む人に合わせたオーダーメイド設計を行い、依頼主の希望する「こだわりの家づくり」をしてもらえるところがメリット。

くつろぎ時間の快適さ、家事にフィットする生活動線など希望点をもとに、空間デザインをコンセプトに仕上げてもらうことができます。建築家と家族がチームとも言えますので、ともにマイホームづくりに携わる喜びや充実感が得られます。自分たちでも下調べや勉強をしながら、しっかりと住まいへの希望を固めていきます。

3. 建てる家をしっかりチェックしてもらえる

建築家の業務は設計・監理となっています。

監理業務とは、建築家が作成した図面通りに工事がきっちり施工されているかをチェックすることです。

第三者として建築家が監理するため、自身が作成した図面やプランをもとに、依頼主の代わりとなって工事の進捗状況を現場でしっかりと見てもらうことができます。現場へのこまめな指示やケアにはフットワークの軽さが必須となりますので、訪れる頻度など監理計画も確認しておきましょう。

注意しておきたい点

1. コストや期間をしっかりチェック

オンリーワンのマイホームを設計してもらえる一方、プランニングから図面作りまで一からのスタートとなります。

住宅のすべてを設計するため、それに応じておのずと手間や経費もかかり、総コストが高くなる傾向にあります。施主の細かい希望や注文に応えてもらえますが、その分予算オーバーの問題も多くなりがちで、こだわるほどに時間が長くかかってしまうことも。建築家自身や設計事務所のスケジューリングもありますので、依頼の際には設計期間や工事期間の目安を聞いておきましょう。

また、設計監理料がハウスメーカーや工務店より高くなることもありますので、家づくりに対する予算の総額をしっかりと伝えておくことが大切です。

2. 手続き面を調べておく

ハウスメーカーや工務店では、契約をした時点でほぼ必要な価格総額が出ますが、建築家の場合は契約後にデザイニングが始まり、依頼人が納得するまで続きます。設計途中はプランが流動的なため、設計がすべて終わるまで費用の見積もりが出せないといったことも。その後、工務店に工事の見積もりを出してもらう形となるので、最終的な価格はプランおよび図面ができあがった後になります。

また、銀行関係などお金のこと、保険関係、防犯設備やオプション工事、その他住宅購入に関する手続きを自分たちでおこなう必要がありますので、依頼主自身の手間がかかることも考慮しておきましょう。

3. アフターサービス、保証面

建築家が依頼する工務店について、その工務店の保証制度、アフターサービスについてもしっかりと説明を受けて把握しておきましょう。通常は、工務店などの施工会社が保証します。

住み始めてからの不具合や修繕に関しては、設計と監理業務を担当してくれた建築家に相談することで、図面や資料を確認してもらえます。ハウスメーカーのように自社一貫体制ではないため、依頼する工務店がアフターケアしてくれるのか確認しておきましょう。

4. 設計が終わったときに確認しておきたい、家の安全性

家づくりは設計図を基本に進み、それを元に見積もりが出されます。全てが確定後、「建築確認申請」(建築する前に行う建物が建築基準に見合っているか、法令に適合すうか等を確認するために提出する手続き・書類のこと)がおこなれ、不備や修正がなければ無事着工になります。

「建築確認申請」時に提出されるはずの重要な書類の一つに「構造計算書」があります。これは建物の構造がどのように建てられているか、また様々な荷重に対する安全性、計算書をまとめた書類です。これが安全性を裏付ける証明になるわけではないですが、構造計算書提出が免除された【4号特例】に準じて設計されている場合が多いので、できれば構造計算書が添付されてきちんと建築確認申請を提出してくれるところを選びましょう。

やはり、地震などで命は救われても住めなくなる家がローンと共に残ってしまうのは誰しも避けたいですね。

5. オンリーワンの設計はいざ売却の時には不利になるかも

建築事務所に設計をお願いして、間取りやインテリアコーディネートに凝れば凝るほど、何らかの事情で売却しなければなった場合には、査定価格がマイナスに査定される場合が多いことも知っておく必要があります。

何故なら、【オンリーワンの設計の家】=【売却しにくい家】となり、大きくマイナス査定されがちです、車で言えば、改造車は改造にいくらお金をかけてもノーマル車以下の査定になるのと同じです。欧米の住宅環境においては、オンリーワンの家にこだわるのは相当な所得がある人たちで、一般の人は住替え(売却)を前提にしているので奇をてらった間取りの家を建てる(買う)ことはありません。

建築家(設計事務所)を探すときの手順・方法

建築家への依頼は、家族の希望をじっくり伝え、いわば頭のなかに思い描く姿やイメージを具現化してもらい、コミュニケーションを取りながらチームワークで一緒に作り上げる形となります。

プランニングは数ヵ月から1年を超えることも珍しくありません。まずはデザインで選ぶことが多いですが、建築家及び設計事務所に信頼感を持てること、家づくりへの思いを託す相手として、相性のよい人を選ぶことも大切なポイントとなります。

事務所に足を運んでみる

相性の良い建築家を探すためには、行動力や積極性もポイント。

雑誌やネットで気に入ったデザインを見つけたら、手掛けた建築家にコンタクトを取り、電話や訪問で話を聞いてみましょう。初めての経験となり疑問点も多いのが家づくり。しっかりとわかりやすく説明してもらえるか、やりとりがスムーズかどうかをチェックしましょう。

建築雑誌、住まいマガジン、書籍、インターネット

インターネットでは、さまざまな建築家(設計事務所)をまとめて見られるサイトや紹介サービスもありますので、信頼できるところを探してみましょう。ホームページがあるところも多いので、その中で過去の作品を見られる場合には、「どのような家をつくってきた建築家なのか」をじっくりと見てみましょう。

手掛けた住宅からその建築家のイメージをつかみ、実際の建築物件を見ることができれば、よりイメージも高まります。

資料や写真など作品集で実績面を見る

感性に合う相手が見つかれば、理想の家がより実現されやすくなります。

ハウスメーカーのようなモデルルームはありませんが、写真や図面といった資料、実際の建物など今まで設計したものを見せてもらうことで参考になります。口コミや依頼主の体験談も踏まえつつ、設計力や監理能力をチェックし、対応力や人同士としての相性、コストなどトータルで検討しましょう。

その他の関連記事

カテゴリ: 新築

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J