オスカーの家ブログ

住宅・住まい・暮らし方、家にまつわることを、住宅のプロが執筆するブログ

工務店に依頼する場合のメリットと大事な注意点

工務店とは

工務店は、家づくりに必要なさまざまな専門工事の職人や業者を取りまとめ、設計プランから施工、アフターケアまで建築工事のすべてを総合的にマネージメントする業者のことです。

地元のお店から大手まで、工務店は大きさやサービス形態も多様なため、作る家と同じように、工務店自体もそれぞれオンリーワンのスタイルとも言えます。

一般的な工務店では、設計から建築、アフターケアまで同じところで担当してもらう形(設計施工一貫方式)が多くなっています。大工の棟梁さんをはじめとした、住宅関連の職人さんが集まった昔ながらの工務店も健在ですが、近年ではデザインや設計重視で施工を行うところや、土地購入から販売までトータルに行うところなどがあります。

土地やエリアにしっかり根付いた工務店なら、豊富な経験、築き上げたノウハウ、地元情報網など地域のことを理解した上でのプランニングが行えるので、わが家のスタイルにこだわったオンリーワンの家づくりが可能となります。

construction-102194_640

工務店に依頼する場合のメリットと注意点

メリット

1. 依頼主からの希望やリクエストに応えてくれる

工務店は設計に関する自由度の高さ、融通が利くところが大きな魅力です。

家づくりにはこだわりも多いもの。「風通しのよい家にしたい」「断熱性を高めたい」など、家族みんなの希望点をまとめ、予算に合わせて柔軟に取り入れてもらうことや、カタログや雑誌、ネットなどで探して気に入った家(外観や内装、エクステリアなど)と同じようなスタイルをリクエストすることも可能となります。

プランニング期間に関しても、建築家(設計事務所)で頼むよりも短いことが多いです。

今までに建築した既存の家や施工写真を見せてもらうことで、イメージをまとめていくことができます。

2. ハウスメーカーに比べて低い価格で建てられる

HM(ハウスメーカー)と比較した場合、多くの人件費や広告代、モデルハウス維持費などの経費が掛かっていない工務店はコストパフォーマンスが良いことが挙げられます。

どのように建てるか(工法)、どのような家を建ててきたか(実績)を見ながら、今まで建てた家の外観や設備、工法も参考にしつつ、予算内でよりこだわる部分やコストダウンする箇所、素材選びなど、きめ細やかにプランニングを行ってもらえます。

3. 長く付き合える地元密着型の店が多い

建築希望のエリアに精通した工務店を選べば、街や周辺環境にも詳しく、建てる土地のことも把握しやすいことから、風土に合わせた設計施工が可能です。

土地の条件に合わせて柔軟に建てられるオリジナルのマイホーム、そして同じ担当者が家づくりの間きっちり対応してくれる安心感があるのも工務店ならでは。

入居後は大小さまざまな不具合、疑問点、修繕依頼などに迅速に対応してくれますし、身近なので聞きたいことがあればちょっと立ち寄ることもできますね。

注意しておきたい点

1.耐震性や耐久性については十分な確認が必要

家を建てる前に「建築基準法」「地域の条例」に適合しているか行政の審査を受ける必要があります。行政の許可が下りないと住宅は建築してはいけません。この審査を【確認申請】と言います。

行政が審査してくれているから安心と思いがちですが、いわゆる工務店の申請の場合【4号特例】という措置がされ、耐震性・耐久性・断熱性・省エネ性・地盤補強などの審査が省略されています。
つまり、性能や構造強度など住宅の重要な部分の審査が十分に行われていない場合が多いのです。

図面がきちんと【構造計算】された住宅なのか確認することをお勧めします。「構造計算書」が確認申請の際にきちんと提出されているのならば、安心・安全な住宅だという一つの目安になります。

耐震性が基準内だからというのではなく、災害の後にも住み続けることが可能な強度があるのかを工務店に説明を受け、更に「構造計算書」でお確かめください。

2.提出するチェックシステムや保証内容を知る

工務店は自社で工事監理を行うため、第三者のチェックシステムがないことが多いです。

ですが、信用第一の工務店では、施工へのプライドと高い技術をモットーに地元で長く愛される会社が多く存在します。実績があり、価格と建物のバランスが取れていること、完成保証に加入していること、評判がよいところなどトータルで確認しつつ判断し、信頼できる工務店を選ぶようにすると良いでしょう。

工法など得意分野はじめ、使用設備、保証内容や第三者機関の保証などに関しても、しっかりたずねて把握しておくことが大事です。

3. 各工務店の傾向を知り合うところを選ぶ

土地の広さや条件に応じて自由設計で柔軟に建てられるのが工務店ですが、工務店としてのメインである「施工」が最も得意分野であることから、いつもの使いやすい素材やデザイン、工法での建築となりやすいところもあります。

一方で最新技術を取り入れている工務店もあり、会社ごとにかなり差がでてきますので、各会社の制限された中での自由度と言えるでしょう。

また、建築家(設計事務所)と比べると設計力の面では低くなることもありますので、選ぶ土地に応じて、できるだけ設計力のある工務店、またはよい条件の土地で頼むことが求められるでしょう。

工務店を探すときの手順・方法

工務店探しはハウスメーカーや設計事務所を探すときよりも多少手間がかかる傾向にあります。

経営状態もさまざまで客観的に判断するポイントが一定ではなく、CMや広告などが控えめなので事前の情報も少なめとなっているためです。また、多くのモデルハウスなどから選ぶことができるハウスメーカーのスタイルとは異なりますので、ある程度家づくりについて下調べや勉強をして、希望の形を具体的に伝えることが満足のいくマイホームづくりに役立ちます。

自分の足で信頼できる工務店を探す

家づくり、住んでからと長い間お世話になる工務店。長きに渡り気持ち良くお付き合いできる工務店を探すためには、まずは最初の印象が大事だと言えるでしょう。

しっかりとよい対応をしてくれるか、疑問点について頼れるプロの視点できっちり説明してくれるかなどを実際に確認します。気になった工務店に直接電話したり、足を運んでみたりと積極的に行動してみましょう。

その土地でいかに快適に暮らすかを知っている地元工務店は親しみやすさも魅力。親身になってくれる馴染みの担当者さんに長くお世話してもらうことは大きな安心感につながります。

工務店の特色を把握しニーズに合うかを検討

工務店ごとの技術力や特色を知ることがポイントです。

今までに建てた家を資料やカタログで見ること、現地で見て肌で感じること、実際に建ててもらった人の口コミや評判を調べることなどがこれからの家づくりに大きく役立ちます。いくつかの工務店で見積もりを出してもらい、各社の特徴や価格などを比較検討すること、現場監督や大工さんに会って信頼感を持てるかどうか確認することも、よい家づくりへの重要ポイントです。

資料やインターネットでじっくりチェック

工務店は会社ごとのカラーがあり、家づくりへのポリシーや雰囲気もバラエティ豊か。少数精鋭の工務店も多いです。

住宅サイトでは希望条件に応じて工務店の情報を見ることができるほか、近年では工務店もホームページがあるところが多くなっており、詳しく丁寧な資料を送ってくれるところもあります。

融通が利くところ、比較的ローコストなところ、熟練の職人さんが多く丁寧な仕上がりにこだわっているところなど、今まで施工した家の実績、歴史、エリアでの評判をしっかりチェック。こちらが依頼先にどんなことを求めているかを踏まえつつ、じっくり比較しながら選びましょう。

その他の関連記事

カテゴリ: 新築

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J