オスカーの家ブログ

住宅・住まい・暮らし方、家にまつわることを、住宅のプロが執筆するブログ

家の部屋別にできるオススメな収納法。玄関、リビング、サニタリーなど

前回の記事では、収納の基本的な考え方と効率的に使うための4つのポイントについて紹介しました。

今回はいよいよ実践編!家の部屋の特徴を考えた収納方法を紹介します。

外部収納:ポーチには除雪用品とタイヤのオブジェを付けよう

北陸、雪国に住んでいるならスノータイヤや、スコップ、ママさんダンプの収納は必要不可欠!雨や雪の日も使いやすいのがイチバン。

玄関:家族人数や手持ちの靴の数に合わせて考えよう。クローク設置がおすすめ

回覧板を持って来たお隣さん、靴で足の踏み場がなくて恥ずかしかった。

下駄箱をつくったから大丈夫!と思いますが、家族の人数に合ってない下駄箱の大きさで玄関がくつだらけ。靴以外にもコートやベビーカーなどといったスペースの確保も必要です。

クロークがあると玄関まわりはいつもスッキリ!

DSC_3887

リビング:壁面収納で子どものオモチャや細々した雑貨を整理

家族みんなが集まって、長い時間を過ごす空間。リビングには新聞や雑誌、趣味のものまでイロイロなものが持ち込まれます。さらに、子供のおもちゃが散乱「まきびし」に。

そんなリビングには床から天井までの壁面収納をオススメします。その中に雑貨を飾れるガラス戸になっているキャビネットなどを組み込んで、見せる事も意識するとゆとりのある空間がつくれます。

お子さんがいるお家は、子供専用スペースをつくってあげると、「整理整頓・お片づけ」の練習にもなりますよ。
子供のおもちゃを踏んで悶絶しないように気をつけましょう。

サニタリー:一時置きスペースを余分にとって、余裕のある収納を

「シャンプーの詰め替えが遠い」「お湯を入れて今日は我慢・・・」などの経験はありませんか?

タオルなどの収納はもちろん、着替え、洗濯物を一時的においておくスペースをつくっておくとスッキリします。洗濯洗剤やシャンプーなどの買い置きも収納しておきたいですね。

我が家の場合は、下着だけはサニタリーにある各自の引き出しに分けて収納しています。DSC_9167_1
オスカーホームのユーティリティ事例。最近では、キッチン近くにユーティリティを設けるなど、洗濯動線のある間取りが人気です。

寝室:ライフスタイルに合った場所にクローゼットを

ウォークインクローゼットは寝室で着替えをする人にはおオススメ。クローゼットの中でコーディネートができたり、着替えもできるので寝室が着替えで散乱!という事が防止できます。

また、夜勤のあるご家庭などはライフスタイルに合わせて、サニタリーやリビングの近くにウォークイン、スオークスルークローゼットを設けるのも1つの方法です。

DSC_6682_1

新築を建てる場合には、こうした収納目的のスペースを考えてもいいかもしれません。

収納計画を進めてみよう

我が家の収納は確保しましたが、何を何処にしまうまでは考えていなかったので、棚がもっと欲しかったなど少々使い勝手が悪かったりします。何をどこに収納計画する事は大切な事ですね。

使わないモノはリサイクルショップやバザー等に出したり、思い切って捨てる。
あくまでも収納は「使うものをしまう」です。

お家を新築するときは、何を、何処に収納するかも考えて、間取りに収納計画を取いれたプランニングをオススメします。

カテゴリ: 生活・暮らしの知恵

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J