オスカーの家ブログ

住宅・住まい・暮らし方、家にまつわることを、住宅のプロが執筆するブログ

なぜ夏にうなぎを食べるのか?「土用」と「丑の日」と「うなぎ」の関係

最近食品スーパーに行くと「うなぎ」を推していますね。

あ!2014年7月29日(火)は土用の丑の日ではないかっ!
そこで、今回はうなぎについて調べたことをまとめてみました。

eel-68469_640

「土用」と「丑の日」と「うなぎ」の関係

それぞれの言葉の意味を見ていきましょう。

  • 土用:四立(立春、立夏、立秋、立冬)の前、約18日の期間をさします。
  • 丑の日:十二支にでてくるあの丑です。

時間や日にちにも使われていたので「丑」に該当する日が「丑の日」です。

つまり、「土用の丑の日」とは、四立の前の約18日間の『土用』のうちの『丑の日』の日が『土用丑の日』です。

実は、土用の丑の日は年4回以上あるんです。
あれ?何か不思議に思いませんか?

そう、夏にしかうなぎの話題が出ませんよね?

なぜ「夏の」土用の丑の日か

  • 冬の土用の丑の日・・・「未の日」に「ひ」のつく食べ物(または赤い食べ物)
  • 春の土用の丑の日・・・「戌の日」に「い」のつく食べ物(または白い食べ物)
  • 夏の土用の丑の日・・・「丑の日」で「う」のつく食べ物(または黒い食べ物)
  • 秋の土用の丑の日・・・「辰の日」に「た」のつく食べ物(または青い食べ物)

と決まっているため、黒い食べ物である「うなぎ」は夏に食べるとよいといわれています。

「うなぎ」のおいしい食べ方

クックパッドでおいしい食べ方を探してみました。

夏の土用の風習はうなぎだけじゃない?!

うなぎもおいしいですが、以下のものも土用の風習としてあるそうです。

  • 土用餅:夏の土用の入り日に縁起物として食べられるあんころ餅。
  • 甘酒:江戸時代後半に暑気払いや夏バテ防止の為によく飲まれていました。甘酒はの季語でもあります。

カテゴリ: 生活・暮らしの知恵

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J