オスカーの家ブログ

住宅・住まい・暮らし方、家にまつわることを、住宅のプロが執筆するブログ

お正月飾りの意味は?飾りの種類や由来

お正月飾りの中で、広く受け継がれているのが、門松、しめ縄、鏡餅ではないでしょうか。今回は、それらの由来についてご紹介します。

pixta_13031688_xl

門松

神様が家を探す時の目印となるものです。

お正月になると普段は天にいる神様が地上へと降りてきて各家へとやって来ますが、その際に門松を飾って「私達の家は神様を迎え入れる準備が整っています。」というのを教えていたとされています。

この場合の神様とは、農作物の豊作や家内安全を司る神様やご先祖様。なぜ〝松〟を飾るようになったのかと言うと、元から常盤木(ときわぎ)には神様が宿るとされ崇められてきたからです。そんな常盤木の中でも、松には「祀る」という意味や神様を「待つ」という意味を受け取れる事から、門松には松を飾るようになったようです。

しめ縄

『悪さばかりをする弟に怒った天照大神が、岩屋へ閉じこもってしまった』とされる神話が元になっています。天照大神は太陽の神様であるために、隠れてしまうと世の中が真っ暗になってしまい、数多くの神様が困り果ててしました。そこで天照大神を外に引っ張り出すために、岩屋の前で宴会を行って天照大神の気を引く作戦を企てたのです。

そして天照大神が、岩屋の戸から身を乗り出したところを引っ張り出し、もう二度と閉じこもってしまわないように岩戸にしめ縄を巻いて開けられないようにしたというのが、しめ縄の由来となっているそうです。

鏡餅

昔から鏡には神様が宿ると言われ、神事には欠かす事の出来ない道具として大切に使われており、まさにその鏡に由来しています。

鏡と言うと現代の薄い物を思い浮かべますが、太古の時代の鏡というのは青銅で出来ており、鏡餅のように厚く丸い形をしていました。これらの事から、お正月にやってきた神様の居場所として、鏡の代わりに姿形がよく似た鏡餅を用いるようになったと言われているのです。

いつも年末年始は何かと慌ただしくなりがちですが、日本人であるならば、昔から続くお正月飾りの由来を知った上で行いたいものですね。

カテゴリ: 生活・暮らしの知恵

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J